忍者ブログ

街燈の下を歩く

教員人生に多い

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

教員人生に多い

 
私が高校を卒業して会社勤めをしていた18歳の頃、上司に原価意識とはどういう事かしっているか?と、新入社員の私たちに向かって先輩が聞かれたことがありました。漠然にかれはいっただけでしたので、みんなあっけにとられてぽかんとしていたところ、彼は「原価意識とは原価を気にする心だ。」と、いったことを思い出します。

製造業に入社したのですが、技術系の私たちに取っては原価など気にしてなかったので、ぴんとこなかったのです。なるほどな、会社というところは原価+利益でなんぼの世界なんだなとあらためて感じたことを思い出します。
説明の仕方に「気にする心」と、いったことが妙にその後の人生でも引っかかっていました。非常に簡潔加州健身中心にその意味を言い当てていたからです。人に説明するにはこのような誰にでも響く庶民的な言葉が大切なんだなとつくずく思いました。

このことは、その後の教員人生に多いに役に立ちました。わかりやすく説明するとは、立場を相手側の理解に置くことでもあります。{ルビンの盃・老婆と娘}という有名な絵図を一度はみたことがあるでしょう。

まさに、これは自分をどちらの立場に置くかで、見えるものが違うということです。MyHPでは思いやりということと、みている時系列からから説明してますが、いつでも、見方を変えると違うものに見えてしまうということです。

 説明はこの、両面からする必要があるのです。ある一面からだけですと、公平性を欠いて自分よがりな考えになってしまいます。私は説明するときにはいつもこのことを考えています。言っている本人は聞いている人もいつも、自分の立場にたっていると錯覚してしまうことが多いと思います。このことは、よく気をつけなければならないことですね。詳しくはMyHPのルビンの盃をご覧下さい。Karma and poly hernmiki Happy in my heart 最も美 烟色マイ 小さな微笑み 窓の外は静かに流れて 人生是门艺术 好きな静美 壊れた夢
PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R