忍者ブログ

街燈の下を歩く

出してきま

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

出してきま


何日か過ぎた後、彼女は先生に席を替えてくれるよう頼んでいました。
その結果、彼女は二人掛けの机に一人で座ることになります。
私は、人数的に溢れて一人で座っていた子の横に座る事になったのでした。

この後、この子がされたいじめの内容を知ると、おそらく殆んどの方が驚かれる事と思います。
今までに聞いた事がなく聞くに堪えがたい、そして怒りがこみ上げてきてしまう事でしょう鋁窗維修

このまま話を書いても良いものか迷いました。
やはり、しばらく間を空け後の機会まで据え置くことにします。


私が小学二年生の夏、いとこや兄弟達と家の前の道路を挟んだ空き地でチャンバラごっこをして遊んでいました。
遊びの流れで、やられてはなるまいと必死で逃げます鋁窗

私は、家に逃げ帰ろうと、道路に飛び出したのでした。
体が中に舞います。
地面に叩きつけられた瞬間、目に映った風景がカタカタ、コロコロとテレビを転がしたときの画面のようなぎこちない回転をしました。

家の前の坂道を下ってきたバイクに弾き飛ばされたのです。
その衝撃音を聞いた父が驚いて飛び出してきました。

私はなぜか、殆んど痛みを感じていません。
左の頬から流れ落ちる血液を見て事故にあったんだと認識します。
左の耳を触ると、耳の付け根がだいぶ切れて大きな耳たぶのようにぷらぷらしているのが判りました搬屋

バイクの運転手の小父さんは、父にただただ謝ると僅かばかりのお金を置いて立ち去ったのです。
父は私の怪我が耳だけだった事に安心していました。
PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R